革新的技術の実践的活用による細胞培養プロセス開発の最速化

バイオ医薬品パイプラインと上市ニーズの変化に伴い、細胞株開発に使用される技術やワークフローも様変わりしています。Beacon、AMBRシステム、Dyna Drive、MAMなどの革新的技術を用いることにより、申請にすぐ対応できる細胞株・細胞培養工程をより速やかにかつ効率的に開発することが可能です。手作業でのワークフローに比べ、革新的技術は労力を大幅に削減できるとともに、細胞株・細胞培養工程の質を大きく高めることができます。結局のところ、上市遅延の原因となるのは、細胞株や細胞培養工程、製品品質の問題なのです。

こちらのセッションでは、革新的技術の実践的活用による細胞培養プロセス開発の最速化について解説いたします。是非ご視聴ください。

著者
Elena Gontarz
Manager of Scientific & Technical Affairs

関連する施設紹介

関連する各種資料