グローバル化:米国の外国貿易地区が医薬品の製造コストとタイムラインに与える影響

今日のグローバル経済において、医薬品の原材料や部品は世界中から調達される可能性があります。これらの材料の輸入には、高額な費用がかかる場合があります。幸いなことに、こうしたコストを軽減し、製造を現地で行い、規制の障害となるものを取り除くための方策があります。米国では、外国貿易地区(FTZ)が税関手続きを合理化し、関税の遅延や軽減を伴う材料や完成品の製造・保管を可能にしています。

このウェビナーでは、サーモフィッシャーサイエンティフィックの貿易コンプライアンス担当ディレクターであるゼノ・スミスとLife Science Connectの編集者マイルス・スコダが専門家としてこの問題について議論し、以下のトピックに深く切り込みます。

外国貿易ゾーンについて、また、外国貿易ゾーンがどのように市場投入までの時間を短縮し、関税を数千ドル削減できるかを学びます。

関連する施設紹介

関連する各種資料