製造イノベーション:連続生産のメリット

医薬品開発製造受託機関が固形製剤の連続生産サービスを提供し始める中、この製造技術の活用により、かつて可能であった事業とは異なる事業モデルを構築することが可能になっています。最近まで、実生産プロセスに連続生産方式を導入するには、多大な先行投資により技術・設備を整備する以外にありませんでした。先行投資が既になされている出来高払いモデルを利用した場合、事業はどのように変わるでしょうか?こちらのセッションでは、この分野のエキスパートDoug Hausnerが、連続生産と従来のバッチ生産の違いについて解説いたします。是非ご視聴ください。

関連する施設紹介

関連する各種資料