規制における不確実性: 連続生産

連続生産の普及がすすまない理由として、製造者が指摘している最大の障壁の1つが「不確実性」です。FDA承認までの時間の不確実性は、バッチ製造から連続製造に切り替える際のプロセスバリデーションや治療上の同等性に関する規制当局の期待や、連続製造を用いた製品を開発し発売する場合、その移行が市場への道筋にどのような影響を与える可能性があるかに関連しています。

このウェビナーでは、独立系コンサルタントのAjaz Hussain氏の話を聞くことができます。

関連する施設紹介

関連する各種資料