自社開発 vs 外部委託:意思決定のための指針

In-House Versus Outsource: A Decision-Making Guide

バイオ医薬品市場は、ブロックバスター医薬品の開発を中心とした市場から、アンメットニーズが存在するニッチ領域に急速に移行しつつあります。このような変化は市場を活性化させるものですが、候補化合物の成功を確保するには、競争の激化や厳しいスケジュール、生産能力の問題に伴う様々なリスクに対応しなければならず、従来のソリューションでは、今日の候補化合物の諸問題に十分対応できないことがあります。


初期に決定すべき重要事項の1つが、自社で開発するか、外部に委託するかの選択です。 本ホワイトペーパーでは、この意思決定プロセスにおいて考慮すべき事項を示し、プロジェクトの将来的な目標達成を最優先事項として的確なサービスを提供できる医薬品開発製造受託機関(CDMO)の選び方について解説します。


優れたCDMOに委託することにより、円滑なスケールアップ、供給量予測精度の向上、リスク最小化など様々なメリットを獲得でき、それらはいずれも時間・コスト削減につながります。


著者:
Barry Rosenblatt, PhD President, SME Biotech Consulting
Dave Kenyon, PhD Vice President, Process Sciences Pharma Services Patheon, by Thermo Fisher Scientific

各種資料

関連する施設紹介

関連する各種資料