毒性学者から見た抗がん剤開発のポイント

がんの成長率が上昇する中、製薬会社は命を救う治療薬を迅速かつ俊敏に開発・製造することを求められています。がんの増加率は、環境要因、ライフスタイルの選択、人口の高齢化によって左右されます。オンコロジー市場のパイプラインの約42%は経口固形剤に起因しています。がん治療薬は一般的に高活性に分類されるため、様々な取り扱いや安全対策が必要となります。このウェビナーでは、毒物学者であるJoe Galati氏が主に下記についてお話します。

*出典:IQVIA- Global MIDAS Edition Includes antineoplastic agents (L01) and endocrine therapy (L02)- 248 molecules, OSD includes: tablets, ODT, capsules

Joe Galati
Senior Director of Global Toxicology Services, Thermo Fisher Scientific

関連する施設紹介

関連する各種資料