患者さんのニーズを満たす治験デザインとは?

分散型臨床試験は、COVID-19パンデミックが始まる前から増えつつありましたが、各治験に適しているかどうかをどのように判断すればよいのでしょう?簡単に言うと、分散型臨床試験とは、患者さんが治験薬の投与を受けるために治験実施医療機関に通院する必要がない試験方式です。この患者さん中心のデザインは、患者さんにとって利便性が高く、治験薬をスムーズに入手することができますが、治験依頼者側にとっても被験者の登録率を高め、脱落率を低減できるという利点があります。

こちらのセッションでは、以下の内容について解説いたします。

関連する施設紹介

関連する各種資料