治験に不可欠な事前計画

リスクとコストの最適なバランスを確保するには、治験薬サプライチェーンの早期事前計画が欠かせません。資源が限られ、スピードが要である場合には、早期に適切な計画を立てることにより、在庫不足や治験の遅れを回避するリスク低減戦略、在庫の最適化による無駄の排除、需要予測による頑健性の高い供給計画の円滑な構築など、治験薬供給の重要項目を最適化することが可能です。サーモフィッシャーサイエンティフィックのプログラムディレクターJoin Simon Caviezelが、治験の円滑な推進のメリットとベストプラクティスについて解説いたします。

関連する施設紹介

関連する各種資料