固定用量配合剤の開発:アジャイルかつ迅速なライフサイクル戦略の構築

固定用量配合剤や適応拡大は、個々の医薬品の価値向上を目指して広く採用されているライフサイクルマネジメント戦略であり、多くの場合、新たな適応症での副作用を抑えたり、臨床効果の評価を減らすことが可能です。様々な理由により開発をあきらめていた薬剤を、十分に確立され、安全性の高い既承認薬と組み合わせることにより、より安全で効果の高い医薬品を患者さんに提供できるようになることが期待されます。また、配合剤には知的財産やビジネス上のメリットもあります。固定用量配合剤の開発を効率化し、開発期間を短縮するには、リスクに基づく系統的かつ科学的な戦略を構築し、既存データを活用することが重要です。

こちらのセッションでは、この分野のエキスパートAnil Kane, Ph.Dが以下の内容について解説いたします。是非ご視聴ください。

関連する施設紹介

関連する各種資料