オーファンドラッグの開発における優遇措置と様々な複雑な課題のバランスをいかにとるか

オーファンドラッグは、患者数が少なく、開発・上市コストがかかることから、高コスト・高リスクであることがよく知られています。このような高リスクのニッチ市場であるにもかかわらず、オーファンドラッグの開発には優遇措置が適用されるなどのメリットがあるため、成長し続けています。低分子・高分子を問わず、投資バランスを取りながら、初期開発から商業生産へのシームレスな移行を確保できる重要な戦略について解説いたします。

こちらのセッションでは、この分野のエキスパートのChristy Eatmon と Kevin Kaneが下記についてお話をします

関連する施設紹介

関連する各種資料