スマートパッケージング:アドヒランスデータ(治験時の薬剤服用データ等)の有益性

「患者への投薬時に受動的に取得される個人のデータの価値は、あまり取り上げられていませんが、実はこれらのデータポイントを経時的に見ると、個々の患者の服用行動に関する深い理解が得られ、患者が何回服用したかだけでなく、服用と服用の間の時間についてもより良く理解するために使用することができます。 このような高精度で正確な薬物投与履歴は、プロトコールの遵守、安全性、有効性、PK/PD、薬物の曝露と反応の関係などをより深く理解することを可能にします。

このウェビナーを通して下記の点について理解を深められます。

関連する施設紹介

関連する各種資料