マルチプレックシング:実績あるシングルユースのソリューションでリスクを管理

Multiplexing: Managing Risk with Proven, Single-Use Solutions 製薬会社が新薬を上市する際には、莫大な資金を投入し、同様に莫大なリスクを負うことになります。新製品を大量に生産するための製造設備の準備には通常3〜4年かかるため、どれだけの量が必要となるかについては、フェーズIII試験が終了する前に決定しなければならないことが多い。この時点では、開発者が需要を予測することは困難なため、どの程度の製造能力が必要かを決めることは大変難しくなり、問題点として挙げられます。需要を過小評価したり、過大評価したりすると、収益に壊滅的な影響を及ぼします。新製品の需要予測を低く設定しすぎると、生産量が不足し、代わり映えのしない収益を逃すことになります。また、需要を高く設定しすぎると、生産能力に過剰な投資をしてしまい、利益が大幅に減少してしまう可能性があります。

各種資料

関連する施設紹介

関連する各種資料