安全第一:がん治療薬開発における職業性曝露の管理

安全第一:がん治療薬開発における職業性曝露の管理

経口剤がん治療薬に関しては、医薬品有効成分(API)が少量であっても非常に強力で毒性がある場合が多い。このため、作業暴露のリスクや、製造環境における他の医薬品との交差汚染の可能性がある。リスクを過小評価すると作業者と患者の安全が脅かされ、過大評価すると封じ込めに不必要なコストがかかり、プロジェクト全体のコストが増加する可能性があります。こちらの資料では、低分子がん化合物の毒性学的リスクと潜在能力を評価するためのロードマップを提供し、特に以下の検討事項に焦点を当てて解説しています。

  • 高活性低分子の評価基準
  • 毒性のバンディングシステム
  • ポテンシーのダウングレード
  • 安全性と取り扱い戦略

各種資料

関連する施設紹介

関連する各種資料