原薬の溶解性・バイオアベイラビリティ改善戦略

医薬品開発業界はわずか10年前とは大きく様変わりし、イノベーションは有望な新たな可能性を患者さんのケアにもたらしつつあります。合成化学・ハイスループットスクリーニング技術の進化により、低分子の化学環境が広がり、目的の力価を備えた新規化合物を作り出すことが可能となりました。しかし、それに伴い溶解性の課題も増大しています。本ホワイトペーパーでは、最適な溶解性改善技術と処方戦略を用いて難溶性の化合物のバイオアベイラビリティを改善することの重要性について解説いたします。是非ダウンロードしてご覧ください。

著者: Sanjay Konagurthu, Ph.D., Senior Director, Pharma Services Group, Thermo Fisher Scientific Tom Reynolds, Principal Scientist, Pharma Services Group, Thermo Fisher Scientific

各種資料

関連する施設紹介

関連する各種資料