医薬品の開発・製造の外部委託を一本化する経済的メリット

The Economic Advantage of Single-Source Drug Development and ManufacturingTufts Center for the Study of Drug Development(タフツ医薬品開発研究センター:CSDD)は、「シングルソースモデル vs マルチベンダーモデルの経済性評価」と題し、複数の受託製造開発機関(CDMO)に委託するモデルと委託先を1社に絞ったモデルの開発時間及び開発費用を比較した研究結果を最近発表しました。医薬品開発に要する総コストを検討した研究は多くありますが1-3、Tufts研究は、顧客の開発期間を最も短縮できるモデルを検証したものです。価値を生み出す鍵の1つとして「時間」を重視することにより、上市までの総費用を削減できるだけでなく、患者さんが期待し、必要としている上市の最速化を実現することが可能です。

各種資料

関連する各種資料