連続生産方式による医薬品後期開発の最速化

経口固形製剤のプロセス開発は複数の開発相にわたって行われ、スケールアップされた最終プロセスが完成するのは、承認申請直前であるのが普通です。連続生産は、第III相開発・治験薬製造に非常に適した方法であり、品質保証の強化と原薬使用量の削減により、円滑な後期開発を実現します。また、連続生産ではスケールアップの必要がないため、第III相から商業生産に速やかに移行することが可能です。

こちらのウェビナーでは、この分野のエキスパートDoug Hausnerが以下の内容について解説いたします。是非ダウンロードしてご視聴ください。

関連する施設紹介

関連する各種資料