ポストコロナ(コロナ禍後)の世界における細胞・遺伝子治療製造の最適化

COVID-19のパンデミックは、細胞・遺伝子治療の製造における既存の課題にさらなる圧力を加えました。パンデミックの間、細胞・遺伝子治療メーカーは、原材料の不足、製造能力の低下、サプライチェーン・ロジスティクスへの負担、研究・臨床開発の中断などの問題に直面しました。これらの問題を受けて、細胞治療や遺伝子治療の開発者は、これらの重要な治療法の臨床的・商業的成功を確実にするために、プロセスを最適化し、活動を効率化する必要性を感じています。ポストコロナの世界を見据えた場合、デジタル技術や自動化などの最適化は、ワークフローに必要な人間の介入を減らすだけでなく、規制上の課題を軽減し、スケーラビリティを向上させることができます。

このウェビナーでは、細胞治療や遺伝子治療の製造に関する専門知識をシェアし、さらに業界の将来性や開発者がこの新しいパラダイムにどのように適応していくべきかを議論します。このセミナーでは、原材料の選択、ベンダーの選定とデュアルソーシング、バーチャル監査、サプライチェーンの最適化、コロナ禍および終了後のGMPオペレーションの管理など、さまざまなトピックを取り上げます。

スピーカー:
Rupa Pike
エンタープライズ・サイエンス・イノベーション・パートナーシップ担当ディレクター
サーモフィッシャーサイエンティフィック
Rupa Pike
Nidhi Sharma, Ph.D.
細胞・遺伝子治療部門 外部科学協力担当部長
サーモフィッシャーサイエンティフィック
Nidhi Sharma

関連する施設紹介

関連する各種資料