後期臨床試験における適切なCDMOの選択

自社の施設を持たない多くの製薬会社にとって、後期臨床試験や商業生産のための適切なパートナーを選ぶことは、注射剤の管理において非常に重要な側面です。小規模な開発製造受託機関(CDMO)では、初期段階の治験薬を提供することはできても、後期の臨床試験経て商業化に至るまでの製造能力を持ち合わせていないことがよくあります。

このウェビナーでは、製品が臨床試験から商業化に向かう際に、注射剤領域での豊富な経験を持つパートナーを探すことの重要性についての洞察を得ることができます。

適切なパートナーは、すべての臨床試験のプログラムを管理できるだけでなく、化合物を初期から後期のそれぞれの治験フェースに対応し、さらにプロセスバリデーションプロセスを経て商業化の成功を支える製造能力と専門知識を持っている必要があります。

関連する施設紹介

関連する各種資料