Direct-to-Patient(患者さんへの直接交付)サービス

Direct-to-Patient Pharmacy Services Overview 今日の医薬品業界において最も重要な成功要因は、治験の質を確保しつつ、速やかに治験を進め上市スピードを加速することです。しかし、従来の治験モデルは、必ずしも患者さんにとって都合の良いものではなく、被験者の募集・組入れに遅れや問題を引き起こすことも少なくありません。分散型臨床試験という新たな治験モデルは、COVID-19パンデミックが始まる前から増えつつありましたが、以下に挙げるような様々な特有の課題もあります。

  • すべてのステークホルダーとの共同作業による新しい分散型臨床試験の立ち上げ
  • 適切な配送を確保するための、患者さん、在宅ケア看護師、治験実施医療機関とのコミュニケーションと連携
  • バーチャル治験のための低温輸送モニタリングと治験薬・資材の返却 注射剤や静注用製剤の治験を含め、大部分の臨床試験は、患者さんの自宅で実施することが可能です。

このインフォグラフィックでは、分散型臨床試験のためのサプライチェーンサービスをご紹介します。是非ダウンロードしてご覧ください。

各種資料

関連する施設紹介

関連する各種資料