無菌製剤の処方が複雑化する10の理由

10 Reasons Formulation Complexity is on the Rise in Steriles初期開発では、様々な課題が次の開発段階への移行を妨げますが、複雑な処方もその1つです。 様々な要因により、無菌製剤の開発は複雑さを増していますが、処方の複雑化は、業界が注力する領域のシフトによるものです。
  • 希少疾病用医薬品: 2020年から2024年までの年平均成長率(CAGR)は13%と予想されています。
  • mRNA医薬品: COVID-19パンデミック前の予想によると、全世界のmRNA医薬品市場は2026年までに約30億ドルに達すると推定されています。
  • 既存薬の適応拡大: 上市にかかる開発コストは、既存薬の適応拡大の場合には平均3億米ドル、新規化学物質の場合には約20〜30億ドルと推定されています。

各種資料

関連する施設紹介

関連する各種資料